--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.10.20

簡単、安い! 我家の絶品晩御飯♪

00sunahota_09.jpg
※すべての画像がクリックで、正規サイズになります

本日は、安価な鶏の砂肝とホタテ貝柱で、簡単、安い、且つ美味いソテーを♪

砂肝はスーパーなどで、白い筋を取り除いた処理済みのものが売られていますが、処理していないものを、まず2等分に切ってから、さらに半分にカットすることで、筋を断ち切り食べよい大きさにすることができます。
01sunahota_09.jpg02sunahota_09.jpg
03sunahota_09.jpg


フライパンにオリーヴオイルを入れ、ニンニク微塵切りを炒め、香りを出してから、ジャガイモをじっくり炒め、次に処理した砂肝を炒めます。
05sunahota_09.jpg


ジャガイモの表面が透明になり、砂肝の表面に赤味がなくなったら、多めに白ワイン(酒でも良い)を投入。強火で煮詰め乳化させていきます。
塩と多めの白胡椒で調味して、タイムとパセリの微塵切りを加えます。
06sunahota_09.jpg


白ワインが乳化し、ジャガイモがほっくりなった頃、砂肝にもしっかり火が通っています。
07sunahota_09.jpg

ほくほくしたジャガイモと、シコシコした砂肝の食感も楽しい、砂肝&ジャガイモのソテー完成! これマジ美味いです。砂肝好きの僕が考案したのですから保証します♪
08sunahota_09.jpg


これは刺身用冷凍ホタテ貝柱を自然解凍し、塩、フラントイアを和えて冷蔵庫で30分マリネ。
ケッパーとレモン汁を加えて、食卓で赤い胡椒を砕いてふりかけます。
09sunahota_09.jpg

10sunahota_09.jpg

11sunahota_09.jpg


お次は、旬のカブとホタテ貝柱のソテー。
フライパンに菜種油を入れ、最近なにかと注目の生姜を、千切りにして炒めます。
さらに縦8等分に切り分けたカブを入れて炒めます。(カブは皮を剥いちゃ駄目よ! くたくたになっちゃうからね)
12sunahota_09.jpg


多めの酒(白ワインでも良い)を加え、カブの茎も加え、煮詰めながらカブに火を通します。最後に刺身用冷凍ホタテ貝柱を投入し、さっと炒め香ばしい香りが立ったら、塩、粗挽き黒胡椒で調味して完成。ホタテは中が熱々で、且つ半生ぐらいが頃合い。
生姜とカブの風味が効き、やさしい味のソテー。息子と家内がリクエストするほどの僕の十八番ソテーです♪
13sunahota_09.jpg

14sunahota_09.jpg


〆に簡単変りパスタを♪
これは、常備している乾燥の鷹の爪を醤油に漬込んだ唐辛子醤油。(冷蔵庫で永遠に保ちます)
乾燥の鷹の爪が醤油を含んで、ぷっくりしたら食べごろ。以後鷹の爪と醤油を足しながら3年ほど経ちました。
15sunahota_09.jpg16sunahota_09.jpg


この鷹の爪を細かく切り刻み、オリーヴオイルで炒めてから、茹でたてのパスタを投入し、酒を加え乳化させながら、仕上げに漬け汁(唐辛子醤油)で調味するだけ! 刻み海苔をまぶしていただきます。
口中にふわ〜っと広がる、唐辛子の風味と辛味が絶品の「ずぼら」なパスタ♪
17sunahota_09.jpg

18sunahota_09.jpg

ごちそうさまでした〜!




バルベラフラントイア エキストラ・ヴァージン オリーブオイル500ml(イタリア・エキストラヴ...


鹿北製油菜の花畑・菜種油 1650g鹿児島県産菜種100%使用









美味しかったら、ポチッと♪
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。