--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.11.17

鶏つみれ鍋♪/活力鍋調理(12)

↓画像クリックで正規サイズになります
01toritumire_09_11_17.jpg
本日は我家の簡単本格派の鶏つみれ鍋です♪

まずは活力鍋で、鶏ガラスープ仕込み!
面倒がらずにお願いします。水炊きの場合でも、スープが決手です。

鍋に、鶏ガラ、タマネギ半個、人参(少々)、生姜(適宜)、リンゴ半個、ベイリーフ1枚、鷹の爪1本(種は除く)、黒胡椒粒数個を入れ、鍋の3分の2の浄水を入れる。
↓画像クリックで正規サイズになります
02toritumire_09_11_17.jpg


蓋をして加熱。重りはH(高圧)にセット。
05chashu_09_10_08.jpg

弁が上がり、重りが振れ出す。
06chashu_09_10_08.jpg

重りの振れが最小になるまで火を弱め、5分加熱し、火を止める。
あとは弁が下がる(圧力が抜ける)まで放置(20分ほど)する。
07chashu_09_10_08.jpg


蓋を開けた状態。
いい香りの飴色のガラスープ、完成!
↓画像クリックで正規サイズになります
03toritumire_09_11_17.jpg


つみれは、鶏挽肉400gに出来るだけ細かく微塵切りにしたタマネギ、人参を混ぜ、全卵1個、酒、味醂、塩、薄口醤油適宜を加え、フードプロセッサーにかけ、挽肉の粒を滑らかにする。
↓画像クリックで正規サイズになります
04toritumire_09_11_17.jpg


ほかの鍋の具材は、鶏もも肉、豆腐、ネギ、エリンギ、キャベツ、大根、市販のきりたんぽ。
↓画像クリックで正規サイズになります
05toritumire_09_11_17.jpg

もやしを後半に投入すると、風味が変化して、しゃきしゃき飽きずに食べられます。
↓画像クリックで正規サイズになります
06toritumire_09_11_17.jpg


鮮度の良いササミがあれば、塩と胡麻油で和えて小ネギをちらすと、まるで焼肉屋のレバ刺しのような味わいに♪
↓画像クリックで正規サイズになります
07toritumire_09_11_17.jpg


人参や大根の皮は捨てずに、ポン酢、じゃこと一緒に酢の物に♪
↓画像クリックで正規サイズになります
08toritumire_09_11_17.jpg


冒頭のガラスープを土鍋に移し、野菜類と鶏モモ肉を煮て、あとはつみれをポトポト落とすだけ。
↓画像クリックで正規サイズになります
09toritumire_09_11_17.jpg

↓画像クリックで正規サイズになります
10toritumire_09_11_17.jpg


滋養満点のnoodles流鶏つみれ鍋。
ポン酢でいただきます。
温まりますよ〜☆
11toritumire_09_11_17.jpg








美味しかったら、ポチッと♪
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。