--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.12.07

深大寺の蕎麦♪

00jindaiji_09_12_07.jpg
※すべての写真が、画像クリックで大きなサイズになります

蕎麦です!
蕎麦といえば、深大寺
深大寺には現在21店舗の蕎麦店がひしめく。
11月22日、11月28日、12月5日と、3週にわたって息子と深大寺に行ってきました。

実は11月23日から12月3日まで深大寺御開帳があり、間違えて一日前に行ってしまった22日は山門左脇の「一休庵」で腹ごしらえ。

深大寺蕎麦¥700
01jindaiji_09_12_07.jpg

天ぷらそば¥1300
02jindaiji_09_12_07.jpg

腰のあるやや太めの蕎麦。美味いです♪
山道には蒸したての饅頭売りや、ゲゲゲの鬼太郎の「鬼太郎茶屋」などが建ち並び、娯楽の少なかった時代、名刹を参詣するのが庶民の楽しみだった江戸のころを彷彿させる。
03jindaiji_09_12_07.jpg

04jindaiji_09_12_07.jpg


さすが深大寺ってわけで、11月28日の御開帳の日は、事前にネットで調べ、評判の高い「湧水(ゆうすい)」へ。

天ざる¥1250が、なんと大盛りにすると¥150引き!
御開帳記念ということで、ほとんどの店舗でなんらかのザービスがあった模様♪
05jindaiji_09_12_07.jpg


寺&仏像マニアの息子もすっかり深大寺にハマり、ついでに親父の僕もしっかり深大寺蕎麦にハマって一昨日またもや参拝に。
息子の希望で、再び「湧水(ゆうすい)」へ。
御開帳は終わっていたのですが、またまたお得なサービスが!

大海老天(野菜天、特大海老3本)¥3200がなんと¥600引き♪
これに、もり¥750(大盛り)を合わせていただきました。
06jindaiji_09_12_07.jpg

07jindaiji_09_12_07.jpg

08jindaiji_09_12_07.jpg

とにかくこの海老がでかい。
ハサミで切り分けて食べるほどの大きさ。
ここ「湧水(ゆうすい)」では、深大寺に参詣せずに、わざわざここに蕎麦だけ食べに車で駆けつける客も多いと聞く。

来春、花の時期に是非隣接の深大寺植物公園も訪れたい。
そしてこんどは車で行かず、是非酒と蕎麦を味わいたいなあ・・・
※よかったら、深大寺の紅葉も観てね♪







美味しかったら、ポチッと♪
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。