--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.01.26

三国演義紹興酒十年陳で、海老の酒蒸し♪

00shoukou_10_01_26.jpg
※すべての写真が、画像クリックで正規サイズになります

先週金曜夜。
先輩N氏とその中国人の友達Mとの会食後、面白い店があるから行ってみよう、と連れて行かれたのが、再来物産・中国食品(台東区上野2-3-7)。
01shoukou_10_01_26.jpg

上野広小路近くの細い路地に面した小さな2階建てのビル。
一階はお洒落なバーであるが、2階はディープな中国食材店「再来物産」なのだ。
02shoukou_10_01_26.jpg

中国食材店は横浜中華街にも数あり、僕も年に数度買出しにでかけるが、この店は中華街のような観光客向けではなく、上野界隈の中華料理店への卸し店で、なんせネット上にもまだ明かされていない、ディープな店。
03shoukou_10_01_26.jpg

八畳ほどの部屋に中国食材が所狭しと並び、届いたばかりだという上海蟹がじゅじゅう泡を吹いている。一応小売り用の値札もあるが、わざわざ日本人客が訪れるとは思えず、おそらくN氏の友人Mのような在日の中国人が利用するのだろう。
04shoukou_10_01_26.jpg

この後近隣の飲み屋へハシゴする途中だったので、冷やかすだけのつもりだったのが、「いつもお世話になっているので、買ってあげるよ」と、冷凍海老2箱と冷凍小龍包(24個入り)、三国志の紹興酒10年古酒をお土産にいただいた。(中国人同士なので多分Mさんは安く買えるのだと思います)

翌日。
さて、店の一押しだったこの「三国演義」という紹興酒が、滅茶苦茶美味い。
そして北方謙三の『三国志』を読破した僕には、滅茶苦茶親しみ深いのである!
05shoukou_10_01_26.jpg

06shoukou_10_01_26.jpg

さて、Mさん大プッシュの海老。
8センチ弱の芝海老のような模様。調べたら養殖ホワイト系と称するバナメイという品種のようです。
07shoukou_10_01_26.jpg

08shoukou_10_01_26.jpg

100匹ぐらいあるので、大胆にも50尾ほどを「三国演義」で酒蒸しに!
菜種油を熱したフライパンで、生姜の千切りを炒め海老を投入し、軽く色づいたらどばっと紹興酒を入れ塩を振り、蓋をして完全に真っ赤になったら完成。
10年ものの紹興酒で大量の海老を酒蒸しするなんて、いただきものじゃなきゃできないよな。
09shoukou_10_01_26.jpg

小龍包も1人4個ずつ。(中華街の飲茶でも1人1〜2個)嬉しいなあ・・・
10shoukou_10_01_26.jpg

11shoukou_10_01_26.jpg

とまあ、思いがけない豪華な夕食になったnoodles家なのであった♪
12shoukou_10_01_26.jpg

13shoukou_10_01_26.jpg








美味しかったら、ポチッと♪

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。