--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.03.01

祝。長寿記録!/覆麺の海かめスープラーメン♪

00fukumen_10_03_01.jpg
※画像クリックで、すべての写真が正規サイズになります

先週27日土曜日。
小雨ぱらつくどんよりとした寒い朝。

この日は、昨年5月から宣告されていた覆麺スペシャルデー。
短命な家系に生まれたミスターブラック氏が、120年ぶりにその最長寿記録(63歳)に並ぶ日である。

開店11時の30分前に到着するも、マニア(整理券組)を含め既に100名前後の大行列。息子は近所のコインパーキングに停めた車の中で待機。
寒いは、雨は降るは・・・
何度「もう、やめようか?」「俺はなにをやっているんだ?」と迷ったことか。
「いや。多分一生に一度しか食べられない・・・」と自分にいい聞かせ、道産子noodles。さすがに寒さに震えながら耐えました!

↓2009年6月11日撮影。
09fukumen_09_06_29.JPG

そしてこの「長寿」に引っ掛けたスペシャル限定麺は、
これまた海の長寿王である海亀を使った「海かめスープラーメン」!
海亀生肉10kg&エンペラ5kg、伊勢エビ6.5kg、丸鶏、魚介、果物、野菜の超贅沢スープである。
スープ材料費総額¥11万円。
亀と海老のめでたい取り合わせ。
2010年長寿対記録樹立を記念して、お値段もなんと一杯¥2010なり・・・

待ちに待ちやっとこさ入店。
な、なんとミスターブラック&ホワイト氏が覆面レスである!!
ホワイト氏の妹さんにお金を払うと「今日はふたりの写真撮影は禁止で~す」。
噂によると、以後素顔で通すとか通さないとか・・・

さて、着席してもまだ震えが治まらない。
素顔のブラック氏、いや頑固家元一条さんが、「3時間待ったでしょう。ありがとうねえ」と声をかけてくれ、やっと震えが治まる。

もっと濃い系の二枚目を想像していたが、意外にさっぱり系二枚目だったホワイト氏が、「お兄ちゃん、お腹大丈夫?」と、先月の限定麺をノロウィルスで欠席した息子に気遣ってくれる。寒空のもと3時間待った甲斐があったと思わせる素晴らしい接客である。

ブラック氏こと一条さんに「さあ醤油、塩。どちらにしましょう?」と聞かれ、息子は醤油。僕は塩を注文。
麺茹での間、一条さんが寸胴から巨大伊勢エビを持ちあげ見せてくれる。
これが6尾入っているといっていたので、1尾あたり1kg強の巨大な伊勢エビだ!
01fukumen_10_03_01JPG.jpg

いやがおうにも盛りあがる期待のなか、いよいよ「海かめスープラーメン」完成♪
02fukumen_10_03_01.jpg
いつものバラ肉ではなく、肩ロースのとろとろチャーシュー。カイワレ、メンマ、海亀生肉、ネギのレイアウト。

これが生まれて初めて味わった海亀の肉。
柔らかいビーフジャーキーって感じか?!
03fukumen_10_03_01.jpg

カイワレの右横にあるのは、ホワイト氏が「なんだかわかりませんが・・・」といいながらトッピングしてくれた海亀の肝???
酒がほしくなるような珍味でした。
04fukumen_10_03_01.jpg

どこまでも透明なスープ。
晴れて公になった、頑固一条流ならではの塩っぱめの調味ながら、海亀・伊勢エビ他の風味が濃厚かつ絶妙で、これが妙に美味い。
05fukumen_10_03_01.jpg

麺は通常の細麺ですが、天候に合わせ加水を多くした模様。
よりスムーズな咽越しである♪
06fukumen_10_03_01.jpg

3時間待ち、費用対効果、そのどちらを差し引いても充分に美味い!
親父も息子も完食。
強いていえば、
大盛りにしなかったことが悔やまれることぐらいか・・・

さて、15分ほどで店を出てみたら、行列はさらに靖国通りまで続き、
07fukumen_10_03_01.jpg

08fukumen_10_03_01.jpg

さらに靖国通り沿い神保町交差点側辺りまで伸びていました!
09fukumen_10_03_01.jpg

間違えなく行列新記録も樹立。
みんな食べられただろうか? 「海かめスープラーメン」・・・



【覆麺(ふくめん)】
住所:東京都千代田区神田神保町2-2 
TEL:非公開
営業時間/11:00~22:00
11:00~21:00(土・日・祝日)
定休日:不定休
IMG_2995.jpg







美味しかったら、ポチッと♪

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。