--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.03.19

神保町 可以♪

00kai_10_03_23.jpg
※すべての写真が、画像クリックで正規サイズになります

今月2日に神保町にオープンした、評判の「可以(かい)」に行ってきました。
看板らしい看板はなく、「麺」のサインと赤地に白抜きの「らーめん」のぼりがあるだけ。
だが数件隣りに「覆麺」、さらに「用心棒」「神保町二郎」が連なる激戦ストリートだけに見過ごす心配はありません。

01kai_10_03_23.jpg

02kai_10_03_23.jpg

高田馬場の有名店「渡なべ」の店主であり、有限会社渡なべスタイル、ラーメンコンサルタントである渡部樹庵(わたなべ じゅあん)氏がプロデュースした「可以」。
「頑張って櫂(店)を漕いで、少しでも船(会社)を進めよう」
という思いを込めて、船を漕ぐ「櫂(かい)」の変体仮名からチョイス。
晴れて「可以」という組合せになったそうな。

18時頃入店。先客は仕事帰りのOLらしき女性ひとりだけ。
ゆったりとしたL字カウンター11席のオープンキッチン。女性客だけでも抵抗なく入店できそうなバーのような洒落た風情。
さて券売機を眺めると、どうやら味噌味と薫製味玉が売りらしい。
ってわけで「薫玉味噌らあめん¥950」を購入し着席。

03kai_10_03_23.jpg

カウンター越しに、若き店員さんが作る行程を眺めていると、温めた丼に味噌ダレを投入し、次に魚介系らしきスープを少量入れ、そこへどろりとした濁色のスープを慎重に注ぎ入れ、丹念に混ぜ合せてから、湯切りした麺を投入、トッピング。
ここまでの行程中、何度も丼の淵の汚れを布巾で拭い、美しい盛りつけに注意を払っていた。

いよいよ「薫玉味噌らあめん」完成♪
周囲が黒く焦げた味噌風味のバラ肉のチャーシュー。ごく細めに笹切りした白ネギ&小ネギ。おろし生姜を和えた挽肉(右斜め上)、薫玉のレイアウト。
丼は最近流行りの底が狭い鉢型のもの。
04kai_10_03_23.jpg

さてスープ。
ポタージュ並みの粘度があり、背脂が混入されている濃厚がっつりスープ。
ほどよく魚介が香り、胡椒・山椒・生姜などの風味が混沌としており、一口啜ったとき「おっ?」ってな驚きがある。
しかし、意外に味噌そのものの香りは立ってこない・・・
06kai_10_03_23.jpg

麺。
渡部樹庵氏、渾身の手打ち麺とのこと。
太さが不均一な2~3ミリ幅の縮れ、手打ちのリングイネに似た形状と食感。
とろみのあるスープを確実に麺が持ち上げる・・・
07kai_10_03_23.jpg

薫玉は半熟で美味しいですが、薫臭がスープに対してケミカルな感じがあり、普通の味玉で良いのではないだろうか?
チャーシューは、バラ肉上部の脂身を含む部分は申し分ないが、下部の赤身部分は硬く、願わくば硬い部位は削除するか入念に柔らかく仕上げるか、いずれかが必要だと思います。

う~む。
総評として、正直、札幌味噌ラーメンを原体験とする僕には、残念ながらこれは「味噌ラーメン」ではない。ごめんなさい、保守的な感想で。
詰まりポジティブにいえば、まったく新しい、いわば「ニュータイプ」である。

05kai_10_03_23.jpg

ただ、渡部樹庵氏が自信のブログにも告白しているが、まだまだぶれていることも確か。
思うに、若さ故にもてる技を重ね過ぎている感があり、塩梅のいい「引き算」が必要なのではあるまいか?

「櫂」を漕ぎこぎ登り詰め、気がついたら頂上を通り過ぎ、違う方向へ下降してしまっていた・・・

そんな感じでしょうか。
がんばってください。



【神保町 可以】
住所:東京都千代田区神田神保町2-2-12 サンエスビル1F
電話:03-5215-5623
営業時間:11:00-20:00(予定)
休日:無休(予定)



神保町 可以 (ラーメン / 神保町、九段下、新御茶ノ水)
★★★☆☆ 3.0










美味しかったら、ポチッと
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。