--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.04.12

大根鍋♪

00daikonnnabe_10_04_12.jpg
※画像クリックで、すべての写真が正規サイズになります

池波正太郎作品に頻繁に登場する大根鍋。
本日はこれをnoodles流にがっつりアレンジしてみました!

まず大根半分の皮を剥いて、ピーラーで可能な限りひもかわ状態にする。
01daikonnnabe_10_04_12.jpg


鍋の具材は、ひもかわにした大根(2分1本)、油揚(中が豆腐状態のものがベスト)、ほうれん草。
02daikonnnabe_10_04_12.jpg


豚バラ肉ブロックは、6ミリ厚に切り分ける。
03daikonnnabe_10_04_12.jpg


鍋の出汁は、別鍋で昆布と干しエビを水から戻し、加熱して沸騰直前に昆布を取り除く。
調味は、薄口醤油・塩・酒。(薄口醤油は香りづけ程度)
調味した出汁と干しエビだけを土鍋に移す。
(出汁に干しエビを使うことで、独特の風味と複雑味が加わります)
04daikonnnabe_10_04_12.jpg


これは箸休め。
大根のひもかわ作りで余った芯と皮を、細かく刻んだ浅漬け。
針生姜・刻み唐辛子・酒・薄口醤油で和え、10分放置して出来上がり♪
05daikonnnabe_10_04_12.jpg


こちらは鮪のユッケ。
ブロックに切り分けた鮪を味醂・濃口醤油を同割りにしたタレに浸けて、千切りにしたミョウガと和え、卵黄・挽きたての山椒・白胡麻を乗せて♪
06daikonnnabe_10_04_12.jpg

ユッケ風にすることで、鮪の刺身も大変身。
大根を余すことなく使う浅漬けも、経済的でシャキシャキ美味い♪
07daikonnnabe_10_04_12.jpg


さて大根鍋♪
出汁をはった鍋に、豚肉・油揚・大根を煮立て、ほうれん草はしゃぶしゃぶ程度でいただきます。
煮詰まったら、別鍋の出汁を足しながらいただきます。
08daikonnnabe_10_04_12.jpg


薬味は、無論シャンラーツィー
09daikonnnabe_10_04_12.jpg


バラ肉の脂が大根のひもかわに沁み、シャンラーツィーの風味が溶合い、これが妙に美味い。
大根の新しい食感・美味さを発見する鍋です♪
10daikonnnabe_10_04_12.jpg

是非、お試しを~。







美味しかったら、ポチッと
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。