--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.04.21

若竹鍋♪

00wakatakenabe_10_04_22.jpg

春の味覚の代表、新筍。
これまた春の新若芽と「春先の出会い物」の代表料理である若竹煮。

本来、春の食卓を飾るお惣菜の一部、若竹煮をメイン料理にしたらどうなるか?
本日は若竹煮ならぬ、noodles流「若竹鍋」なるものを披露致します!

昆布、鰯煮干し(頭と内臓を取り除く)、鰹厚削りでとった出汁を塩・薄口醤油・酒・味醂で調味し、土鍋に移す。
鶏手羽先を20分強火で煮立て、食べやすい大きさに乱切りした下処理済みの筍を投入する。灰汁(アク)が出たらこまめに取り除く。
01wakatakenabe_10_04_22.jpg


出汁の魚風味に、鶏の香りが混じり合ったころ、よく洗ってざく切りにした長ねぎの青い部分をたっぷり乗せる。
02wakatakenabe_10_04_22.jpg


ネギがしなしなに煮えたころ、白滝・木綿豆腐を入れる。
(ネギを加えることで出汁に風味が増します)
03wakatakenabe_10_04_22.jpg


豆腐が煮えたころ、一口大に切り分けたたっぷりの新若芽を乗せ、食卓へ。
04wakatakenabe_10_04_22.jpg


若竹煮ならぬ「若竹鍋」!
05wakatakenabe_10_04_22.jpg
いうなれば若竹煮の豪華版。
爽やかな新若芽と筍の風味が、滋養豊かな鍋物にヴァージョンアップ。
ビールが進みます♪







美味しかったら、ポチッと
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。