--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.07.05

ゴーヤーチャンプル♪

00goya_10_07_05.jpg

先月20日。53年も生きてしまった記念日?
別にめでたくもないし・・・
ゴーヤーの季節だなあ、と久しぶりにゴーヤーチャンプルを。

サイコロに切り分けた木綿豆腐を菜種油でじっくり炒める。
01goya_10_07_05.jpg
以前沖縄に行ったときに買ってきた、沖縄の出版社による沖縄料理本のレシピや、知り合いの沖縄出身の沖縄料理店のオヤジもいっていたが、ゴーヤーチャンプルを美味しくするポイントは、この豆腐を炒める段階。
薄く焦げ目がつくまで、じっくり炒めるのがコツです。

豆腐がよい色合いになったら、豚肉を投入。
02goya_10_07_05.jpg
バラ肉の薄切りがお薦めです。
(しゃぶしゃぶ用は薄すぎるので薦めません)

豚肉が炒まったら、2等分してスライスしたゴーヤーを投入。
03goya_10_07_05.jpg

ゴーヤーが炒まったら、酒、塩、白胡椒、オイスターソースで調味。
あらかじめ豆腐をしっかり炒めているので、崩れにくく、この段階では外側がコーティングされ中はふわふわ。これが理想的なゴーヤーチャンプルなのだ!
04goya_10_07_05.jpg

豚だろうがスパムだろうが、以上の行程(順番)を踏めば間違いなく美味いゴーヤーチャンプルが完成します。

05goya_10_07_05.jpg

火を止めて溶き卵をまわしかけ、余熱で卵が半熟になったら盛りつけて(トップ写真)食卓へ。
たっぷりの花鰹をのせると、さらに滅茶苦茶美味いです!

ちょうど北海道のお袋からアスパラ3種が届いていたので、ホワイト・グリーンは軽くボイルして塩と黒胡椒を挽いて。
06goya_10_07_05.jpg

手前の紫アスパラは、生食が一番♪
根元だけピーラーで皮むきし、EXヴァージンオイルと塩、黒胡椒を挽いて。

07goya_10_07_05.jpg

北海道でも限られた生産者しか作らない、希少な紫アスパラ。
しゃきしゃきとして、ホワイト&グリーンとも違う香りと味わいであった。

08goya_10_07_05.jpg

で、嬉しくもないけど一応祝いなので・・・

左からメバチマグロ、鶏ササミ、市販のローストビーフの「のっけ鮨」。
北海道産山わさび(レホール)を乗せて。

09goya_10_07_05.jpg

北海道からアスパラが届いたので、思いがけず豪華な食卓に♪

決して嬉しくはないのですが・・・






美味しかったら、ポチッと
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。