--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.10.26

らーめん鍋♪

00ra_nabe_10_10_26.jpg

さて前回披露した「ワラサのアラで、うどんすき鍋」ですが、残しておいた出汁は翌朝見事に煮こごり状態に。

その煮こごりを使って「らーめんすき」ならぬ「らーめん鍋」を作りました。
うどんがらーめんに化けるというわけ。

・煮こごりを火にかけ、水を足して鶏の手羽先と舞茸、長ネギを加え20分以上煮る。
・別鍋で半茹でしておいた乾麺の中華そばを投入。
・味が物足りなければ、薄口醤油で調整する。
・ひと煮立ちしたら火を止め、レタスをどさっと乗せ食卓へ。

01ra_nabe_10_10_26.jpg

レタスはスープの熱でしんなりしたところが食べごろです。
魚と鶏香る、絶品「らーめん鍋」。

02ra_nabe_10_10_26.jpg

そもそもらーめんのスープとは、昆布・鰹節・煮干しなどの魚介系と、鶏や豚の骨あるいは肉の動物系に各種香味野菜を合わせることで旨味を構築するもの。

前夜のワラサと野菜からでた魚スープに、鶏手羽先を加えることで、必然らーめんのスープになるわけです。

よくラーメン店が豚骨や鶏ガラを使いますが、白濁豚骨スープは別として、それぞれの旨味成分は骨から出るのではなく骨に付着している肉から出るのです。

それは中華の高級スープである「上湯(しゃんたん)」が、鶏を丸ごと使い豚肉や金華ハムほかで出汁をとることが証明しています。
しかしラーメン店でそんな贅沢なことをしたら、ラーメン1杯の単価がとんでもないことになるのでガラを使うわけです。

ところがそんな贅沢スープが、2度の鍋を作ることで家庭で簡単に再現できてしまうという次第。

サイドメニューはトマトとベビーホタテのマリネ。
塩・粗挽き黒胡椒・EXヴァージンオイル・レモン汁で和えました。

03ra_nabe_10_10_26.jpg

乾麺はノンフライのもので延びにくいので、生麺より鍋向きですよ♪

04ra_nabe_10_10_26.jpg

ではでは。
都一 中華そば 140g(2食分) 115円

都一 中華そば 140g(2食分) 115円

価格:120円(税込、送料別)



↓安心食材お取り寄せ









美味しかったら、ポチッと
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。