--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.11.22

MUSMUS♪

00musmus_10_11_23.jpg

11月13日。
マテマテ計画」打ち合わせで「新丸の内ビル 蒸し料理レストラン MUSMUS(ムスムス)」で3名の会食。

01musmus_10_11_23JPG.jpg

この店はN先輩の馴染みの店。
そしてこの日は、山形酒田フェア最終日前日。
ってわけで「あんべみれ~ 酒田のんめもの!!」を堪能させていただきました。

【酒田の地酒呑み比べセット¥500】
麓井(ふもとい)+楯野川(たてのがわ)+菊勇(きくいさみ)
02musmus_10_11_23.jpg
楯野川が秀逸。
一同すっかり気に入り、この後は延々とこの酒のぬる燗に終止しました。
03musmus_10_11_23.jpg

【お通し】
茹でカリフラワーの味噌和えでした。
04musmus_10_11_23.jpg

【ポテトサラダ¥680】
定番メニューから。素材の良さからか、上品なポテトサラダ。
05musmus_10_11_23.jpg

【娃々菜鍋¥780】
わわさいと読みます。
通常の白菜より一回り以上小さな白菜。
07musmus_10_11_23.jpg
芯まで柔らかく甘みの強い娃々菜の細切りと、やはり細切りした油揚だけを薄口醤油・昆布・鰹の香る出汁でいただくシンプルな鍋。
これ、ハマりです。
06musmus_10_11_23.jpg

08musmus_10_11_23.jpg

09musmus_10_11_23.jpg

【蒸し豚わさび¥1350】
定番の蒸し物メニューから。
庄内の「杜夢豚」を蒸し、山わさび(レフォール(レホール))を溶いた醤油ダレがかけてあります。
10musmus_10_11_23.jpg

【ずいき芋の煮っころがし¥580】
オーナー氏が挨拶にきてくれて、サービスしていただきました♪
地元では「からどり芋」と呼ばれ、270年以上庄内で愛されてきた芋。
ねっとりした甘味が美味しく、ここにきて岩手野菜の実力に驚愕。
11musmus_10_11_23.jpg

【はまぐりの酒蒸し¥980】
お薦めメニューから、三重県産のはまぐり。
12musmus_10_11_23.jpg

【こんにゃくのちぎり煮¥1500】
これは値段が一桁違うような・・・
13musmus_10_11_23.jpg

【池田秋夫さんの天日乾燥米土鍋ご飯(2合炊き)¥1500】
山形の米所、遊佐町の池田さんが有機肥料で作る20日間天日干しのご飯。
味噌汁、漬け物、昆布の佃煮、高菜漬けがついてきます。
因に土鍋は有名なiga-monoのもの。
14musmus_10_11_23.jpg
美味い米に、良い米から造った美味い酒。
ポテンシャルの高いご飯は酒の酒肴としても秀逸です。
15musmus_10_11_23.jpg

そろそろお開きか? と思ったら、なんとオーナー氏からまたまたプレゼントが!
【伊勢の白酒(しろき) 純米活性にごり酒】
16musmus_10_11_23.jpg
なんとスパークリング日本酒。美味いです♪
17musmus_10_11_23.jpg

【自慢のお漬け物盛り合わせ¥850】
これもオーナー氏からのサービスです♪
18musmus_10_11_23.jpg

【西塚蒲鉾店さんの玉ネギフライ¥500】
山形県酒田市の西塚蒲鉾店の魚のすり身に玉ネギを混ぜたコロッケ型フライ。
19musmus_10_11_23.jpg

いや~。呑みました。食いました!
お店の売りである蒸し料理は一品しか食べなかったけれど、各産地から届く新鮮な食材が揃い、女性に人気があるのも納得。
気がついたら周りはほとんどが女性客でした。

看板娘の佐藤さん。
明るく、歯のきれいな方。
なんとオーナー氏の計らいで山形野菜をてんこ盛りでお土産にいただきました。
20musmus_10_11_23.jpg

ありがとうございました。

MUSMUS(ムスムス)
住所:東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング7F 新丸ビル
電話:03-5218-5200
営業時間:月~土11:00~翌4:00
    日・祝11:00~23:00
休日:不定休(新丸ビルに準ずる)
カード:各種
地図

※登場する人物には、掲載許可を得ています。

MUSMUS (和食(その他) / 大手町駅東京駅二重橋前駅

夜総合点★★★★★ 5.0

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。