--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011.05.17

鶏もつ煮込み♪

00torimotu_11_05_17.jpg

近頃B級グルメ「甲府鳥もつ煮」が流行っているという。
食べたことはありませんが、レシピを見てみるとちょっと疑問点があり、今回はnoodles流「鶏もつ煮込み」でいくことにします。

美味しく作るコツは、正に「煮込む」ことにあり!

鶏もつ(レバー、砂肝、ハツ、キンカン)。
市販ではこれらがセットで売られていることが多い。

鶏もつを酒でさっと洗い、胡麻油を敷いた鍋で生姜スライス、赤唐辛子(乾燥)と一緒にじっくり炒める。
01torimotu_11_05_17.jpg

鶏もつの表面に火が通ったら、タマネギ、ニンジンを加えてさらに炒める。
02torimotu_11_05_17.jpg

濃いめのかけつゆ(麺つゆで可)を加え1時間ほど煮込む。
1時間ほど煮込む、というとここで電子レンジを使う方もいるのかも知れませんが、時勢もあるし、断言しますが電子レンジで加熱しても美味しくありません。
03torimotu_11_05_17.jpg

刻みネギ、柚子の皮を乗せて。
04torimotu_11_05_17.jpg

冒頭でも書きましたが「甲府鳥もつ煮」式だと、キンカンの味はどうなのだろう?という疑問があります。

以前にも池波正太郎レシピ「軍鶏鍋♪」でも書きましたが、経験上キンカンは煮込めば煮込むほどにえもいわれぬ味わいへと変わります。

煮込みの浅いキンカンは、味があるのかないのかわからないほど淡白な味ですが、煮込むほどに本来の黄身の味わいが増し、独特の滋味深い味わいとなるのです。

よくデパ地下などで売られている鶏もつ煮も、キンカンがもそもそとして味がよくわからないので敬遠していました。そして「軍鶏鍋♪」を経験してからは無論「自分でじっくり煮込む」派となったのでした。

「甲府鳥もつ煮」のキンカンはどうなのでしょう?
食べたことある方、誰か教えてください・・・。







美味しかったら、ポチッと
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。