--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.08.21

子供の夢、オヤジの夢。

000urufesu.JPG

今年も池袋サンシャインシティ文化会館において『ウルトラマンフェスティバル2006』が開催された。
今年はウルトラマン生誕40周年とのことで、展示内容は群を抜いて充実していた。
初代ウルトラマンの放映は1966年。
当時僕は小学校3年、奇しくも息子も3年生のときウルトラQ、ウルトラマン怪獣にハマった。
まあ、ハメたのは僕と家内であるが。。
会場は当時のイメージで再現されており、昭和の懐かしい雰囲気が大人の僕にも郷愁を誘う。

00urufesu.JPG


01urufesu.JPG


02urufesu.JPG


03urufesu.JPG


04urufesu.JPG


05urufesu.JPG


06urufesu.JPG


07urufesu.JPG


懐かしい、ソフビ人形(ソフトビニール)、怪獣のぬいぐるみ、ウルトラQ~の台本、衣装などが処狭しと展示されている。
ビートルズの来日も1966年である。
何故かビートルズのコーナーまであり、イベント企画スタッフの気合いの入り具合が微笑ましい。

08urufesu.JPG

ところがなんと、特撮の父円谷英二氏とウルトラマン、怪獣、隊員の記念撮影まで展示されている。
ちょっと、待った~! いいのか?
改めて、初代ウルトラマンのプロフィールを見る。

●身長:40メートル
●体重:3万5千トン
●年齢:2万歳
●職業:宇宙大学の先生、宇宙警備隊支部長。
●父:宇宙保安庁長官
●母:ウルトラ学校の先生

円谷先生と同じ背丈でいいのか?
僕は何時頃、ウルトラマンには人が入っていると知ったのだろう。
息子には早い段階で、特撮の意味を教えた。
だが、会場内で催されるウルトラマンショーでは、現ウルトラマンファンの子供達が必死で、
「頑張れ~~~、ウルトラマ~ン!!!」と声援を贈っている。。
あの子供達は、いつまで身長40メートルのウルトラマン像を描くのだろう?

09urufesu.JPG


おいおい! ウルトラセブンは靴はいて、グローブはめてたんかい!!
今年のウルフェスは子供より、僕らオヤジを相手にしていた気がする。。。


※我が北海道代表、駒苫は惜しくも夏の甲子園3連覇ならず、でも頑張った! ご苦労さん。





banner2.gif
※お約束ですが、一つ!



スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://boss48siki.blog47.fc2.com/tb.php/71-eb92e878
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。