--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.09.28

僕の出汁昆布再利用法。

09kobu.JPG


今日は地味ですが、お世話になっている柊リンゴさんのリクエストで僕の出汁昆布再利用法です。
出汁は面倒がらずに昆布と魚節や煮干しでとりましょう!
出汁をとったあとの魚節や干し椎茸は冷凍して3回ぐらい出汁に使えます。
とはいうものの、出汁をとったあと昆布を捨てるのは忍びない。
僕も毎週末スープを仕込むので、使用後の昆布はとりあえず冷凍庫にぶち込みます。
たまってきたら、以下の再利用をします。

1.まず、1センチ角と千切りの2通りに切り分けておきます。
00kobu.JPG


01kobu.JPG

2.唐辛子を刻みます。
02kobu.JPG

3.鍋に1センチ角に切った昆布と刻み唐辛子を入れ、濃口醤油・みりん・出汁を同率に投入し、点火。
03kobu.JPG

4.煮立って来たら、酢少々(味がまろやかに)、ネパール製粒山椒2~3粒(勿論粉末でも可)を入れ、落としぶたで煮詰める。
04kobu.JPG


05kobu.JPG


06kobu.JPG

5.煮詰まったら、粗熱をとり保存容器へ。
07kobu.JPG


08kobu.JPG

山椒は温中・止痛・去湿・駆回抗菌作用・回虫駆除作用など、生薬・漢方としも有名です。
ネパールの友人がお土産でくれた粒山椒ですが、香りが華やかで重宝してます。
この昆布煮は冷蔵庫で一ヶ月は大丈夫。佃煮ほど塩辛くないので何にでも合う。御飯、お茶漬け、お弁当、麺類、酒のあてにも重宝します。
朝の納豆御飯にも一味添えます(トップ画像)!

6.フライパンでニンニク微塵切りを、辣油8:菜種油2(植物性油なら何でも良い)を弱火で炒める。
10kobu.JPG

7.1で千切りにしておいた昆布を入れ炒め、三温糖、塩で調味する。
11kobu.JPG

8.炒まってきたら、豆板醤を多めに投入し混ぜる。
12kobu.JPG

9.仕上げに韓国製唐辛子をこれまた大量に投入し、混ぜる。
13kobu.JPG


14kobu.JPG

10.粗熱をとり保存容器へ。
15kobu.JPG

これも長期間保存可。激辛です。
韓国製唐辛子は一昨年ソウルの南大門市場で買ってきました。もの凄い辛いが爽やかな辛さ!
好評だったS君冷や奴もこれを使います。
勿論、市販の一味唐辛子でもOK。
これも何にでも合いますが、特にらーめんに合います。
らーめんの具材が乏しいときなど、途中でこの激辛昆布を入れて味を変えてしまうわけです。
九州ラーメンがヒントですが、これで2度美味しい!

17kobu.JPG


18kobu.JPG


こうやって備蓄惣菜を作っておけば、経済的で忙しい毎日にも重宝しますよ♪




banner2.gif
※お約束ですが、一つ!



スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://boss48siki.blog47.fc2.com/tb.php/95-bab2b23f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。