--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011.07.13

豚生姜焼きとマテ酎ハイ♪

00butashouga_11_07_13.jpg

連日の猛暑に耐えるべく、豚の生姜焼きでも。

今や情報飽和時代。TVやネットでは無数の裏技レシピなるものが登場し、活況を呈している。なかには思いもよらない裏技が登場し、観ていて思わず「ほぉ~~」と唸るが、僕が昔からやっていた「美味い豚生姜焼き」は柑橘系のジャムを使います。

今回も省エネルギー調理(鍋ひとつ)でやってみます。
鍋(なんでもよい)にタマネギ・スライス、豚肉(切り落としなどの安価なもの)を敷き詰め、おろし生姜(1片分)、オレンジマーマレード(大さじ1)、出汁(麺つゆでも可)を肉を浸せる量加え、よく和えて20分置く。
01butashouga_11_07_13.jpg

そのまま加熱し、タマネギが柔らかくなった頃合いに火を止める。
あらかじめ刻みキャベツを敷き詰めた皿に盛りつけ、完成。
盛りつけ直後に鍋は洗ってしまいます。
滅茶苦茶簡単でらくちん。

02butashouga_11_07_13.jpg

オレンジマーマレードを入れるか否かで、肉の柔らかさが歴然とします。
砂糖や味醂にはない、柑橘風味の甘味が奥深い雑味を生み、ご飯も進みます。
そして、タレがしみたキャベツが野菜不足を補助!

で、食後の一杯。
ガッツリ生姜焼きの後にぴったりの爽やかな飲み物を開発してみました。

【マテ酎ハイ】
03butashouga_11_07_13.jpg

・市販の1リットル入りのペットボトル炭酸水に、マテ(リラックス)を1包入れ、固く蓋をして冷蔵庫で一晩置く。
・氷を入れたグラスに焼酎(適宜)と炭酸マテを注ぎ、刻んだフレッシュ・レモングラスを浮かべる。

↓マテはこちらで!








美味しかったら、ポチッと


Posted at 15:00 | マテマテ計画 |
2011.07.04

マテマテ計画再始動♪

NEW !
00mate_11_07_04.jpg

日頃からお世話になっているN先輩こと「マテ伝道師」である野々山先輩から協力要請がきてあれから8ヶ月

その間、何もしていなかったわけではありません。
様々な壁をクリアしつつ、遂に「マテマテ計画」が再始動しました。

まずは本日より、ダサイといわれていたホームページがお洒落にリニューアル。
ならばってわけで、これまたダサダサと悪評だったパッケージ・デザインも一新。
さらに新たな商品2点追加。
まだある! プレゼントに最適なギフトボックスまで新登場♪

【ロシアンアイスマテ】
01mate_11_07_04.jpg

植物繊維が豊富なマテ茶は、便秘解消にもよし。
煎茶・紅茶・烏龍茶といったツバキ科のお茶に比べ、ミネラル分が豊富なため、高血圧・冷え性・動脈硬化・狭心症・心筋梗塞・骨粗鬆層・貧血・糖尿病・花粉症などにもよいという。
う~む。これ以上何を望めというのか・・・

安心安全の完全オーガニック。
なんとあのマドンナも愛飲している♪

水出ししたマテにオレンジマーマレードを加え、ロシアンアイスマテで猛暑を乗り切ろう!

↓詳しくはこちらで!








美味しかったら、ポチッと


Posted at 15:00 | マテマテ計画 |
2011.06.28

パッ・ガパオ・ヌア・カオ・カイダーオ♪

00gapao_11_06_28.jpg

牛切り落としが安かったので、牛めしでも作ろうか? と思ったのだが、芸がない。
ならばタイ風で行こう!
ってわけで、noodles流「パッ・ガパオ・ヌア・カオ・カイダーオ」を作りました。

タイ語で「パッ」は炒める、「ガパオ」はバジルで「バジル炒め」。
「ヌア」は牛肉、「カオ」がごはん、「カイダーオ」は目玉焼きという意味です。

通常は鳥挽肉の「パッ・ガパオ・ガイ(鶏)」が有名で、牛肉にしろ羊肉にしろ挽肉を使うのですが、冒頭でも述べたように「牛めし」のイメージがあったので、切り落とし肉をそのまま使ってタイ風牛肉バジル炒めごはんを作ってみました。

旬の青唐辛子(生)と赤唐辛子(ドライ)、ニンニク醤油漬けの微塵切りを胡麻油で弱火でじっくり炒めます。
01gapao_11_06_28.jpg

弱火のまま牛肉を炒めます。
02gapao_11_06_28.jpg

酒、ナンプラー、オイスターソース(少々)で調味して炒め煮し、肉が固くならないうちにドライバジルを多めに投入して火を止める。
生バジルは前回使い果たしたので、ドライを使いましたが、それはそれで問題なし。
03gapao_11_06_28.jpg

04gapao_11_06_28.jpg

ご飯に添えて目玉焼きを乗せていただきます。超簡単です。
05gapao_11_06_28.jpg

バジルといえばイタリアンの発想ではありえない、醤油系の取合せがタイならでは。
目玉焼きは黄身を崩すため、裏焼きだけにしてくださいね。
そろそろ蒸し暑くなってきたせいか、エスニック風味が妙に爽やかです♪

06gapao_11_06_28.jpg








美味しかったら、ポチッと


Posted at 15:00 | 家庭料理 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。